Auto Parts Development Engineer 自動車用サスペンション系・ステアリング系部品の開発エンジニア - 愛知

Description: 

当社は、国内・海外の多くの四輪車・二輪車メーカー向けに、差動機構部品や減速機構部品、変速機構部品、カムシャフト、トランスミッションギア、サスペンション系・ステアリング系部品など、多彩な製品を開発しています。中でも、HONDA(本田技研工業株式会社)様とは1956年の取引開始から60年以上にわたる長いお取り引きが続いています。HONDAのすべての四輪車・二輪車に当社で開発・製造した製品が搭載されており、世界中に多くのファンを持つHONDA車の走りを支えているのです。もちろん、HONDA車に限らず、取引をいただいている多くの自動車メーカーから信頼される企業となっています。現在は、日本・アジア・アメリカ・ヨーロッパに広がる世界14ヵ国に30拠点を展開しています。このグローバルネットワークを活用して、お客様に近い場所で、世界最適生産・供給体制を実現していることが、当社の強みです。当社の社員にとっても、海外出張・海外赴任をする機会が大いにあり、今後さらに増えていくでしょう。「世界を相手に仕事をしたい!」という人には、大きなチャンスのある会社です!■職務内容:■4輪・2輪向けの機械設計やパワートレイン制御システム開発に携わって頂きます。技術開発対象製品は自動車の心臓部であるトランスミッション、プラネタリィアッセンブリィ、デファレンシャルアッセンブリィ、カムシャフト、ボールジョイントです。これら製品の新技術開発に携わって頂き、「小型・軽量・高強度・低フリクション(摩擦)」を特徴とした次世代自動車への機能ユニットの商品化を目指しています。開発の流れは同社独自で先行開発を行い、顧客とともにニーズに合った商品化を進め、最終的に同社で機能を保障する形となります。<具体的な流れ>・製品の開発、設計※製品:トランスミッションギヤ、プラネタリィアッセンブリィ、デファレンシャルアッセンブリィ、カムシャフト、ボールジョイント・自動車メーカーとの調整業務、仕様の検討・CAE解析を用いての強度計算、耐熱計算などの解析・試作品を用いての評価、検討(振動、耐久評価等)の実施・量産化に向けた図面の製図 など